ブログネタ
サッカーゲーム に参加中!

[サッカー] [サッカーゲーム]

昨日書いた Hattrick Supporter の価格引き上げの話ですが、My Hattrick で、値上げの延期がアナウンスされます。

現時点ではまだですが、既に Global フォーラムでは公表され、専用のスレッドも 立っているので、ここで書いても問題ないでしょう。

本当ならば My Hattrick でも既に発表されているはずでした。

My Hattrick が遅れているのは、 翻訳のためのインターフェイスにバグがあり、その対応の手際が良くないせいです(HTスタッフが何か手を加えるたびに LA が対応する必要が生じ、そのための時間をとるので、どんどん時間がずれ込む)。

既に日本語の翻訳は完成しています。

これ以上問題が生じなければ、以下の通りアナウンスされるはずです(リンクは Hattrick 内で通用するタグです)。



値上げ延期

 先週、我々が今週に予定していた <a href="/Shop/Product.aspx?category=Supporter">Supporter</a> 価格の引き上げに対して、ユーザーから多くの意見を頂きました。多くの苦情を受け取りましたが、それだけではなく他の方法での販売や、Supporter パケージのサービスの組み合わせに関して多くの建設的提案がありました。
 これらの提案をコミュニティで議論する時間が必要ですので、我々は6週間の間値上げを延期することにしました。何らかの方法で Supporter のフォーマットを変更する良いアイデアがないか、あるいはそれとも本当に価格を引き上げることが長期的な Hattrick にとっての最善の選択肢なのかという問題について、我々はあなた方と対話に入ります。今年中にすべての答えを出すことはできないでしょうが、2012年にテストできるいくつかの良いアイデアを見い出せることを期待しています。

 現在、Hattrick は毎年年間に17%のユーザーを失っています。Facebook のゲームが登場したことにより、ユーザー獲得の競争は厳しく、市場流通しているゲームよりもコストが掛かるようになっています。これらのゲームは、しばしばゲーム上有利になるものを提供することで非常に多くの利益を上げています。Hattrick は、常に自由で公正なゲームであり続けるでしょう。しかし我々は我々のビジネスモデルを確立し、新しい商品を提供する必要があります。そうでなければ、長期的にゲームを提供することはできません。

 我々はまた、<a href="/help/Gears.aspx">Hattrick ギア</a>  の3つのうち2つの商品、「選手のスタイル」と「完全な作り替え」を、それぞれ10クレジットと15クレジットに値下げしました。最後に、先週 Supporter を更新したユーザーには、感謝の印として、わずかばかりのクレジットを無料で送らせていただきます。また、希望する方には購入した Supporter を払い戻す機会を設けます。

 
まだ、値上げを完全に撤回したわけではなく、単に延期しただけに過ぎません。

しかし、これだけユーザーの反発を受けて延期したわけですから、6週間後に価格を引き上げると言うことは不可能だと思います。

事実上、今回の値上げは撤回されたと見て良いと思います。



とはいえ、 まだ Hattrick の財政を改善する良いアイデアが見つかったわけではありませんし、根本的なユーザーの減少という問題を解決しないことにはどうにもなりません。

値上げ反対を掲げていた連盟、Stop The Overdone Prices (103485) は、この発表を好意的に受け取っています。

しかし、これから HT チームと話し合っていく上で、まだユーザー数を維持する必要があると考えています。 



今回のアナウンスで引っかかる点があるとすれば、他のゲームが「しばしばゲーム上有利になるものを提供することで非常に多くの利益を上げてい」る点を指摘していること。

実際日本でも「無料」といってユーザーを呼び込み課金するゲーム会社が大きな利益を上げていますが、こうしたやり方は Hattrick の方針とはまったく異なります。

変な方向に向かわないと良いのですが。

少なくとも Nippon のユーザーに関する限り、そうした方針は受け入れられないような気がします。



Hattrick ユーザーはヨーロッパに多いのであまり議論に挙がらないのですが、私は一番の解決策は、アジアと北米で新規ユーザーを獲得することだと思っています。 

アジアや北米のユーザーにとって、Hattrick は、遅すぎるとしばしば指摘されます。

この意見は実際正しくて、私も週2回しか試合がない(ユースも入れればほぼ3回ですが) というのは、正直物足りない気もします。

また、テキスト・ベースのゲームというのも、綺麗なグラフィックや可愛いキャラクターを好むゲーム・ファンには受け入れられにくいかも知れません。

アジア市場を開拓しろと言うのは、何もそうした方向に転回しろと言っているわけではありません。

そんなことをすれば既存のユーザーを失うだけです。

3Dグラフィックや萌えキャラクターでアメリカや日本市場に切り込めるわけがない。

むしろ、そういうゲームばかりのマーケットだからこそテキストベースのブラウザ・ゲームは少ないわけで、言ってみれば Hattrick と競合するゲームは少ない。

シミュレーション好きのサッカーファンはアジアにもいるわけですから、潜在的なユーザーは十分にいると思います。

少しばかりの宣伝で知名度を上げれば、ユーザー拡大は十分可能だと思っています。
 


クラブ経営シミュレーション・サッカーゲーム hattrick のプレー日記
Hattrick; FC Sagami - オンライン・サッカーゲームのブログ Topへ